健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

年齢を重ねたシニア犬は、運動量の低下や内臓機能の低下によって、食が細くなってしまいます。しっかりと食事をとらせたいけれどなかなか食べてくれない、そんな悩みを持っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。そんな悩みを解消すべく、シニア犬の食事サポート方法を調査します。

 

サプリメント

 

シニア犬への食事サポート方法

 

シニア犬になると、食が細くなりなかなか食べてくれなくなることがあります。内臓機能や食欲の低下、また弱くなった歯の影響など、老化ならではなのさまざまな理由が存在します。そのような場合でも、必要な栄養素はしっかりと摂取しなければいけません。シニア犬がなるべく食べやすいような給餌方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

お湯でふやかす

歯が弱くなってきてなかなか硬いものは食べられなくなったというシニア犬も多くなってきます。そんな時はお湯などで柔らかくふやかしてあげるといいでしょう。老犬になると水分を十分に摂取することも難しくなってきますので、水分も同時に摂ることができ一石二鳥です。

 

お湯ではなく、牛乳などでふやかしてもOK。食いつきが良くなります。そんな時は必ず犬用専用ミルクを使用してあげてください。人間用の牛乳は乳糖という成分が含まれており、犬に与えると下痢などの症状を引き起こすことがあります。

 

食器台を活用する

食事の際、頭を下げて食べるという行為が難しくなってくることもあります。そんな場合は、愛犬が食べやすい高さに調節できる食器台を活用するといいでしょう。頭を下げずに食事ができ、スムーズに飲み込むことができるようになります。誤飲も防ぐため、ぜひおすすめしたいアイテムです。

 

サプリメントを活用する

運動量が減少、基礎代謝量も減少していくシニア犬。多少体重が落ちることも正常範囲ないですが、あまり食事を摂らず体重の減少が著しいと心配になります。必要な栄養素はしっかりと摂取させるため、サプリメントを活用するのもひとつの手です。犬用サプリメントであれば愛犬の体に負担がかからないよう、必要な栄養素を摂取することができます。