健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

愛犬に与える毎日の食事に関しての素朴な疑問。そもそも、1日何回食事を与えればいいのかということ。子犬は回数が多く、成長するにしたがって徐々に少なくなっていくと言われていますが、正確にはどのようにすればいいのか気になる疑問について解消していきましょう。

 

舌を出す犬

 

1日に与える食事回数その正解とは?

 

まずは愛犬が1日に必要な摂取カロリーを知ろう

 

愛犬の体重は、肥満予防もかねてこまめに計測していることと思います。愛犬の体重が分かれば、1日に必要だと言われる摂取カロリーを知ることができます。カロリー計算式はこのようになっています。

1日に必要なカロリー:(体重×30+70)×係数

 

ポイントとなるのがこの係数というもの。係数は愛犬の状態によって数値が変わってくるものです。愛犬の現在の状況に合う数値を選び、計算式を組み立ててみましょう。

赤ちゃん

  • 生後4ヶ月まで・・・3.0
  • 生後4ヶ月から1歳まで・・・2.0
  • 1歳以上の成犬・・・1.8
  • 避妊済の成犬・・・1.6
  • 肥満気味の成犬・・・1.4
  • ダイエット中の成犬・・・1.0
  • 妊娠中の成犬・・・2.0〜3.0
  • 老犬・・・1.4

 

このような係数表を確認しながら、当てはまる数値を見つけてください。

 

必要カロリーを元に1日の食事回数を調整

 

ドッグフードのパッケージを確認し、1日に必要な給餌量をカロリーをすり合わせていきましょう。どの程度の総合量を与えればいいのか分かったら、1日何回に分けて与えるのかを調整していきます。

 

例えば、子犬であればドッグフードは高タンパク高カロリー。1回に食べられる量がごく少量のため、1日4〜5回に分けてしっかりと栄養補給させます。成犬となると1度にまとまった量を食べられるようになるため、1日2回が基本。ただし、肥満気味でダイエット中の愛犬は給餌量を減らしている場合があるため、その場合は小分けにし回数を増やすと満足感を与えダイエットによるストレスを減少させることができます。

 

また、妊娠中は何度も食事を催促してくることが多くなります。好きなだけ与えてしまうと肥満の恐れがあるため、回数を多めに、1回給餌量を少なめに調整するといいでしょう。また、シニア犬は消化器官の機能の低下により、1回の食事量が成犬時と比べ減少してきます。1日に3〜4回に分けて与えるのが基本です。