健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

ペットブームの影響もあり、ドッグフードは豊富な種類が販売されており、その選択に迷ってしまうほど。ドッグフードを選ぶ際、ドッグフードのいいところをポイントとしがちですが、このようなドッグフードは選ぶべきではないNGドッグフードをチェックしておくと、さらにドッグフードの選別がしやすくなります。選びたくないNGドッグフードとはどのようなものなのでしょうか。

 

選びたくないNGドッグフードベスト3

 

ストップ

 

さまざまな種類のドッグフードが登場し、どのようなものを選べばいいのか悩んでいる飼い主さんへ。こんなドッグフードは選びたくないNGドッグフードをピックアップ。

 

炭水化物たっぷり

犬はもともと肉食動物であり、肉などに多く含まれる動物性タンパク質の消化に適した内臓構造をしています。その逆で、最も苦手とするのは、小麦や大麦、米、トウモロコシなどの穀物に多く含まれる炭水化物です。

 

ドッグフードのパッケージをチェックすると原料が記載されてあります。記載された原料の一番初めに書かれてあるもの、それがそのドッグフードに一番多く含まれている原料ということになります。

 

大袋の安価なドッグフードの場合、原料価格の安い穀物をたっぷりと使い、かさ増ししているものも。このようなドッグフードは消化の際、愛犬の体に負担をかける可能性もあるため避けたいところです。

 

添加物たっぷり

特にカリカリした水分量の少ないドライタイプのドッグフードは保存にとても便利で、ウェットタイプなどと比べ、持ちがいいのが特徴。品質のあまり良くないドッグフードには、この持ちを良くさせるために酸化防止剤保存料などの添加物がたっぷりと含まれているものがあります。

 

科学的な防腐剤を使わず、天然成分であるビタミンEハーブなどを使用したドッグフードがいいでしょう。特にこのような成分は危険。これらの成分は発がん性があるとして、海外では禁止されている成分です。

BHA(ブルチヒドキシアニソール)・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

 

オイルたっぷり

油

ドッグフードの中には、ドッグフードをオイルでコーティングしているものもあります。その理由は、食いつきを良くする、嗜好性を高めるためです。

 

ですが、オイルは空気に触れると酸化します。酸化した油は愛犬の体にとても悪影響を及ぼします。オイルでコーティングされてないノンオイルコーティングのドッグフードを選びましょう。