健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

いつでも新鮮な水が飲めることは、愛犬の健康維持にとってとても重要なポイントです。

 

最近では、購入したミネラルウォーターを与えている飼い主さんも多いようですが、実は選び方を間違えると愛犬の健康に悪影響を与えてしまうこともあるんです。愛犬のための水選びについて解説します。

 

ミネラルウォーター

 

ミネラルウォーターを与えてはだめなのか

 

水も買う時代になった現代、愛犬の飲み水もミネラルウォーターを使用している飼い主さんも多いことと思います。ミネラルミネラルウォーターを愛犬に与えても問題はないのでしょうか。

 

ミネラルウォーターには、硬水軟水があります。代表的なミネラルウォーターを硬水と軟水に分けてみましょう。

 

  • 硬水・・・エビアン、コントレックス、ヴィッテル、クールマイヨールなど
  • 軟水・・・いろはす、クリスタルガイザー、ボルヴィック、南アルプスの天然水、六甲のおいしい水など

 

硬水か軟水かを分けるポイントは含有されているカルシウムマグネシウムの量です。

 

120mg/L以上が硬水、120mg/L以下が軟水と定められています。実はこのカルシウムとマグネシウムが、愛犬の健康に影響を与えてしまうのです。

 

これらの成分は尿路結石や膀胱炎など、泌尿器系の病気のリスクをアップさせると言われています。そのため、ミネラルウォーターの中でも特に硬水は与えない方がいいとされています。

 

どのような水を選べばいいのか

 

日本の水道水は世界一安全であると言われています。赤ちゃんのミルクを作る水も、水道水で十分であると分かっています。

 

愛犬に与える飲み水も水道水でOKなのですが、水道水に含まれる塩素が気になるという飼い主さんもいるかもしれません。そんな時は、赤ちゃんのミルクを作る場合と同じように、水道水を沸騰させるといいでしょう。気になる匂いもなくなります。しっかりと冷ましてから与えてください。