健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

愛犬が食べなくなったドッグフード、もしかして捨てていませんか?

 

捨てるのはもったいないと思いつつ、どうしていいか分からないという場合、寄付できる場合があるのです。ドッグフード寄付について見ていきましょう。

 

つなぐ手

 

捨てるなら寄付。もったいない精神で助け合い

 

愛犬が飽きて食べなくなったドッグフードや、与えてみたけれど愛犬の好みではなかったようで食べてくれなかったドッグフードなど、どう処理していいか分からないフードありますよね。

 

質のいいドッグフード、ヒューマングレードなドッグフードは人間お食べられる品質であるけれど、さすがにどうすることもできない場合、実は寄付という手もあるのです。

 

余ってしまいどう処理していいか分からないフードが、必要としている誰かの手に渡るのならばぜひそうしたい!という飼い主さんも多いのではないでしょうか。

 

捨てられた犬などを保護、支援している団体は多く、運営のため、資金が必要です。そんな団体にとって、毎日の食事であるドッグフードの寄付はとても助かるといいます。

 

ドッグフードだけでなく、ペットシートや紙おむつなど、ペット用品も受け付けているようです。各HPで足りないものや急ぎで必要なもの、問い合わせ方法などを確認できます。

 

 

また北九州市のように自治体がペットフードの寄付を募っているところもありますので、お住いの地域の自治体HPなどを確認してみるといいですね。

 

 

開封済のドッグフードは寄付していいものか悩んでしまうと思いますが、動物愛護支援団体JCDLのように、開封済や試供品などでも受け付けている団体もあります。まずは問い合わせを行ってみるといいでしょう。