健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

愛犬のドッグフードの量は、健康の維持のためにとても重要な項目です。与えすぎると、健康に悪影響を与えてしまうからです。

 

たいていはドッグフードのパッケージ通りに与えている飼い主さんが多いと思いますが、愛犬の状態に合ったドッグフードの量をきちんと計算する方法があるんです。どのような方法なのでしょうか。

 

ドッグフード

 

愛犬にぴったりのドッグフード量の計算方法とは

 

愛犬の体重や年齢など、さまざまな条件によって、ドッグフードの量が決められています。飼い主さんの多くは、ドッグフードのパッケージに記載された給餌量の通りに与えているのではないでしょうか。

 

愛犬の健康状態などによっては、その範囲でない場合もあり、一度愛犬に必要なドッグフードの量を計算してみるといいでしょう。1日に必要なエネルギー量が分かれば、記載されたgやkgあたりのカロリーで割って、1日分のドッグフード量が分かる仕組みです。

 

1日に必要なエネルギー量DER(Daily Energy Requirement)=安静時必要エネルギーRER(Resting Energy Requirement)×活動係数

 

この式に当てはめて計算していきましょう。

 

まずは安静時必要エネルギーRERを求める

 

安静時必要エネルギーRERは、この式を使います。

 

安静時必要エネルギーRER=70×体重の0.75乗

 

0.75乗は3/4乗となりますから、計算機で計算する場合は、体重を3回かけた後√を2回押すことで1/4ができ上がります。その答えに70をかけるとRERを求めることができます。

 

愛犬の活動係数をチェックする

 

活動係数とは、ライフステージや愛犬の健康状態などによって決められたエネルギー係数のことです。愛犬がどこに属しているのかチェックしてみましょう。

 

  • 生後4ヶ月までの子犬・・・3.0
  • 4ヶ月以上1歳未満の子犬・・・2.0
  • 1歳以上の去勢、避妊をしていない成犬・・・1.8
  • 1歳以上の去勢、避妊をしている成犬・・・1.6
  • シニア犬・・・1.4
  • 肥満気味の犬・・・1.4
  • ダイエット中の犬・・・1.0
  • 妊娠中、授乳中の犬・・・2.0
  • ケガや病気で安静中の犬・・・1.0

 

必要なドッグフードの量を求める

 

1日に必要なエネルギー量DER(Daily Energy Requirement)を求める式に当てはめ計算できたら、1日に必要なドッグフード量が計算できるようになります。

 

ドッグフードのパッケージには、たいてい100gのカロリーが記載されています。1g分にカロリーを求めるとこのような計算式ができあがります。

 

1日に必要なエネルギー量DER÷1g分のカロリー=1日に必要なドッグフードの量

 

この計算式で、愛犬に今必要なドッグフード量が正確に計算できるようになります。