健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

愛犬用の食器はどのようなものを使っているでしょうか。そしてどこに置いていますか?あまり深く考えたことがないという飼い主さんも多いことでしょう。そこで愛犬用の食器、フードボールについて詳しく見ていきましょう。

 

フードボールの選び方

 

食器

 

形状と素材

フードボールを選ぶ基準は、清潔であることと食べやすいこと。愛犬は人間のように手で持って食べることが出来ないため、安定感のあるタイプがおすすめ。下に向かって裾広がりになっているようなものが良いですね。

 

またきれいに汚れが落ちる素材であることも条件。ステンレス製陶器製などが好まれているようです。油分がきちんと落ちない、ベタベタする素材は避けた方が無難。

 

犬種・体質別

愛犬の犬種によって体の作りもさまざまです。愛犬が食べやすいようなフードボールを選んであげてください。例えば顔が長く長い毛を持つ愛犬の場合、平らなフードボールでは長い鼻が邪魔して食べにくく、きれいな長毛は汚れてしまいます。そんな愛犬には口は狭く深いタイプのフードボールが向いています。

 

また食器の素材によってアレルギー反応を起こす愛犬もいます。フードボールの素材と愛犬の体質との相性も重要です。

 

食器はどこに置くと食べやすい?

 

愛犬のフードボールを置く位置にはあまりこだわっていない人も多いかと思いますが、置く位置によっては、愛犬が胃捻転や胃拡張病症候群(G.D.V.)を起こす危険性があると言われています。

 

大切なことは、食器を置く位置をあまり高くしない事。食器の位置が高いと必然的に空気を一緒に飲み込むことが多くなるため、避けた方が賢明です。とはいえ、高齢犬になると下を向いて食べることが辛くなる場合もあるため、愛犬の体調やライフステージによっても調節してあげてください。