健康のためにベストなドッグフードのあげ方を解説♪

 

愛犬を迎え入れるうえで必要不可欠なものといえば毎日の食事。最近では必要な栄養素が豊富に含まれている総合栄養食タイプのドッグフードが主です。ペットブームの影響もあってか、ペットショップにはさまざまなドッグフードが並び迷ってしまいます。どのようなドッグフードを選べばいいのでしょうか。

 

ペットフード

 

本当に選ぶべきドッグフードとは

 

愛犬にとって毎日必要なアイテムといえばドッグフード。毎日の食事選びは愛犬の健康維持には欠かせないものであり、それによっていつまで一緒にいられるのか、愛犬の寿命にまで影響を及ぼすといっても過言ではありません。

 

飼い主の皆さんはどのようなドッグフードを選んでいるのでしょうか?選ぶべき基準はなんですか?金額?購入のしやすさ?量?でしょうか。答えはドッグフードのです。

  • 使用されている原料
  • 含まれる栄養素
  • 添加物の有無
  • 国際規格の品質管理

 

このような項目を特に注意してい見ていく必要があります。犬と人間では体の構造や内臓、必要な栄養素などなにもかもが違うことを理解しなければいけません。

 

グレインフリードッグフード

 

肉

犬と私たち人間とでは必要な栄養素が全く違います。犬にとって必要不可欠な栄養素といえば動物性タンパク質。犬はもともと狩りを行い野原を駆け回っていた肉食動物です。そのため、肉などの動物性タンパク質を消化しやすいような内臓構造になっているのです。

 

人間と比べると、必要なタンパク質の量は2〜4倍。それ以外にもビタミンやミネラル、脂質などの栄養素もプラスすると愛犬にとってとてもいいバランスとなります。

 

逆に犬が最も苦手とする栄養素が炭水化物です。この炭水化物を多く含む食品、トウモロコシや米、小麦、大麦などを含まないドッグフードをグレインフリードッグフードと言います。愛犬の体の負担を考えると、グレインを含まないフード、グレインフリードッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

ヒューマングレードは良質なドッグフード選びのポイント

 

ヒューマングレードとは、人間でも問題なく食べることができる品質と安全を保障している印。日本では、動物のためのペットフードのガイドラインが定められ、そのガイドラインに則って製造されていますが、ペット先進国の海外と比べるとまだまだ完璧とは言えません。

 

中には品質の悪い原料を使って製造されているドッグフードもあります。ヒューマングレードはドッグフードを選ぶ際のひとつのポイントとして注目しておくといいでしょう。